今なお続く安倍晋三総理側近の「レイプ疑惑」裁判

まいじつ

(C)Shutterstock
(C)Shutterstock

元TBSワシントン支局長の山口敬之氏に乱暴され精神的苦痛を負ったとして、ジャーナリストの伊藤詩織氏が山口氏に1100万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が12月5日、東京地裁で開かれた。 山口氏側は出廷せず、請求棄却を求める内容の答弁書を提出し、伊藤氏は「どういった議論で不起訴や不起訴相当が出たのか分からなかった。(訴訟は)よりオープンな話し合いができる場になると思っている」とマスコミの取材に答えて...

「今なお続く安倍晋三総理側近の「レイプ疑惑」裁判」のページです。デイリーニュースオンラインは、伊藤詩織山口敬之安倍晋三疑惑社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧