ドラえもん「ニセ原画男」を告発(2)20年前に騒動になったネームが

アサ芸プラス

ドラえもん「ニセ原画男」を告発(2)20年前に騒動になったネームが

それだけではない。藤子氏の贋作はこれまでにも数多く報告されているが、今回のオークションでは、関係者しか知らないような、過去の贋作事件を彷彿させる文言まで出てくるというから、始末が悪い。「この出品されたネームの説明として、こう書かれている。『入手経緯は、神保町の書店にて十数年前に購入した品です』と。実は今から20年くらい前、神保町の古本屋に『ドラえもん』のネームが持ち込まれました。もちろん、“本物”...

「ドラえもん「ニセ原画男」を告発(2)20年前に騒動になったネームが」のページです。デイリーニュースオンラインは、えびはら武司週刊アサヒ芸能 2017年 12/14号藤子・F・不二雄ネットオークションドラえもんエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧