富岡八幡宮事件で目にする神社本庁の「お寒い懐事情」

まいじつ

ふくいのりすけ / PIXTA(ピクスタ)
ふくいのりすけ / PIXTA(ピクスタ)

富岡八幡宮(東京都江東区)で、宮司の富岡長子さんら4人が死傷した事件で、にわかに浮上した神社本庁(以下:本庁)とはいかなる存在なのか。 「公明党と創価学会のように一心同体ともいうべき政治団体『神道政治連盟』(神政連)を結成しており、安倍晋三政権と近く、大きな政治力を及ぼしているとみられています。また全国8万社の神社を束ねているだけに、その資金力も恐れられています。神政連の活動を支持する議員連盟とし...

注目記事
「富岡八幡宮事件で目にする神社本庁の「お寒い懐事情」」のページです。デイリーニュースオンラインは、宗教社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧