セカオワSaori、「初小説が直木賞候補」への批判は的外れもいいところだった!

アサ芸プラス

セカオワSaori、「初小説が直木賞候補」への批判は的外れもいいところだった!

12月20日に第158回直木賞の候補作が発表され、人気バンド「SEKAI NO OWARI」(セカオワ)のSaoriが藤崎彩織名義で発表したデビュー作の「ふたご」がノミネートされた。その「ふたご」は10月28日に発売されたばかりで、わずか2カ月未満での候補選出には多くの批判が寄せられている。 ネット上には「直木賞の権威も墜ちたな」「又吉で味を占めた文藝春秋が二匹目のどじょう狙いか」といった批判が続出。「ふたご」を読んだことの...

「セカオワSaori、「初小説が直木賞候補」への批判は的外れもいいところだった!」のページです。デイリーニュースオンラインは、藤崎彩織ふたごSaori直木賞SEKAI NO OWARIエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧