「陸王」最終回に元陸上選手・瀬古俊彦氏が登場する理由

まいじつ

(C)Shutterstock
(C)Shutterstock

日本陸上競技連盟の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(横浜DeNAランニングクラブ総監督)が、12月24日に放送される連続ドラマ『陸王』(TBS)の最終回で、ドラマに初出演する。 瀬古氏は劇中で、主人公である宮沢紘一(役所広司)の息子の大地(山崎賢人)が就職活動で最終面接に挑む会社『メトロ電業』の企画部長、桐山を演じる。面接官として、大地にランニングシューズ『陸王』を作るまでの話を聞く役どころだ...

「「陸王」最終回に元陸上選手・瀬古俊彦氏が登場する理由」のページです。デイリーニュースオンラインは、瀬古利彦ニューイヤー駅伝陸王TBSドラマエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧