セカオワSaori、文芸評論家が直木賞受賞にタイコ判を押す「意外事情」

アサ芸プラス

セカオワSaori、文芸評論家が直木賞受賞にタイコ判を押す「意外事情」

人気バンド・SEKAI NO OWARIのメンバーSaoriが音楽活動以外でも注目を集めている。 昨年10月、執筆に5年を費やしたというデビュー小説「ふたご」を刊行した彼女。物語は、Saori本人や同バンドのボーカルFukaseをモチーフにしたと思わせる人物が登場する内容で、第158回直木賞にノミネート。1月16日の受賞作発表を控え、出版界でも話題になっている。彼女の小説について「今回の直木賞で“受賞有力作”のひとつですね」と語るのは...

「セカオワSaori、文芸評論家が直木賞受賞にタイコ判を押す「意外事情」」のページです。デイリーニュースオンラインは、ふたごSaori直木賞FukaseSEKAI NO OWARIエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧