貸家建付地の評価で重要なポイントは「空き家の解釈とその有無」

相談LINE

貸家建付地の評価で重要なポイントは「空き家の解釈とその有無」

相続税対策として、アパートを建てるといったことがよく行われます。この理由は、他人に土地を貸したり、建物を貸したりすると相続税の対象となる評価額が下がるからです。具体的には、建物を貸す場合、建物の評価額を原則として30%下げることができます。一方で、土地を他人に貸せば、借地権割合という割合分、土地の評価を下げることができます。 ■貸家建付地とは 上記と同じ理屈で、貸家建付地についても、一定の評価減が...

「貸家建付地の評価で重要なポイントは「空き家の解釈とその有無」」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧