闘将・星野仙一「暴力の美談化」を苦々しく思う人たち

まいじつ

(C)Shutterstock
(C)Shutterstock

1月4日、中日ドラゴンズの元エース・監督で、阪神タイガースや東北楽天ゴールデンイーグルスでも監督を務めた星野仙一氏が死去した。享年70歳、“闘将”のあまりにも早い死に、各メディアは大きくその栄光の実績を報じている。 なかでもやたらと目に付くのが、その“熱血”ぶりだ。特に中日での第1次監督時代は星野氏が血気盛んなころだった。ベンチ裏で容赦なく選手を殴ったエピソードなどがニュースとなっているが、インターネッ...

「闘将・星野仙一「暴力の美談化」を苦々しく思う人たち」のページです。デイリーニュースオンラインは、星野仙一プロ野球訃報スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧