帝京大逆転のきっかけは? 明大の朝長駿が悔やむ「油断」と「疲れ」。

ラグビーリパブリック

2018年1月7日、東京・秩父宮ラグビー場。21シーズンぶりの大学選手権制覇を狙う明大は、8連覇中の帝京大との決勝戦に挑んでいた。20-14と6点リードで迎えた後半19分頃、追加点を挙げるべく敵陣ゴール前へ進む。 2万人超のラグビーファンが集うスタンドからの「メイジ」コールを背に受け、FW陣がラックを連取する。 相手は隙あらば、攻守逆転を狙っている。明大が11個目の接点を作ると、ランナーの持つボールへ帝京大HOの堀越...

注目記事
「帝京大逆転のきっかけは? 明大の朝長駿が悔やむ「油断」と「疲れ」。」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧