二階自民幹事長に直撃! 名護市長選で安倍自民が卑劣な分断工作、菅と二階が訪沖して土建札束攻撃

LITERA

沖縄入りした二階俊博幹事長(撮影・横田一)
沖縄入りした二階俊博幹事長(撮影・横田一)

辺野古新基地建設(普天間基地移設)が最大の争点の「名護市長選(2月4日投開票)」が近づく中、安倍自民党が札びらで頬を叩くような手法で基地反対の民意を抑え込もうとしている。年末年始に菅義偉官房長官と二階俊博幹事長が相次いで沖縄入りして自公推薦候補の渡具知武豊・元市議や支援者らと面談、公共事業推進(予算増加)の"アメ"をちらつかせつつ基地受け入れを迫る"ムチ"を振るう手法を繰り返し始めたのだ。  県民無...

「二階自民幹事長に直撃! 名護市長選で安倍自民が卑劣な分断工作、菅と二階が訪沖して土建札束攻撃」のページです。デイリーニュースオンラインは、横田 一二階俊博沖縄社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧