藤川京子の今日この頃「馬の脆弱性は、騎手がバッチ処理する」日経新春杯

リアルライブ

藤川京子の今日この頃「馬の脆弱性は、騎手がバッチ処理する」日経新春杯

どの馬にも弱点はあるものです。それを補ってくれるのが騎手の役目の1つです。普段は、調教師がその役目を負っているのですが、調教の時は多くて数頭での並走です。レースでは10頭以上の並走が多くなり、想定外の事が起きる事がよくあります。その事態を騎手が微調整しながら馬を守っています。その時に勝つ事だけが仕事ではないので、次のレースや今後の事を想定して走らせます。 時には、人気馬でも馬券に絡む事なく、レース...

「藤川京子の今日この頃「馬の脆弱性は、騎手がバッチ処理する」日経新春杯」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧