あんぱん有名な木村屋総本店、袋パン事業が「捨てる経営」でV字回復

ビジネスジャーナル

新製品ブリオッシュ風クリームパン
新製品ブリオッシュ風クリームパン

明治の初めに創業した老舗、木村屋総本店副社長の福永暢彦氏は、外部から送り込まれた経営者だ。従来のやり方に慣れ親しんだ社員たちや業界慣習と向かい合い、この老舗を見事によみがえらせた。回復フェーズを通過し、成長フェーズをうかがう福永氏に、これまでの苦闘とこれからの展望、戦略を聞いた。 ●木村屋総本店の売上構成の中心は袋パンだった ――木村屋といえば、あんぱんで知られています。 福永暢彦氏(以下、福永)...

注目記事
「あんぱん有名な木村屋総本店、袋パン事業が「捨てる経営」でV字回復」のページです。デイリーニュースオンラインは、木村屋総本店山崎製パングループコンビニエンスストア社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧