丸紅、「総合商社」から脱落の危機…業績悪化に会長・社長対立が影落とす

ビジネスジャーナル

丸紅旧大阪支社ビル(「Wikipedia」より)
丸紅旧大阪支社ビル(「Wikipedia」より)

総合商社は好決算に沸く。石炭や鉄鉱石などの資源価格の上昇を受け、2018年3月期の純利益は、三菱商事が5000億円、伊藤忠商事が4000億円、三井物産が4000億円、住友商事が2800億円と、それぞれ過去最高益を見込む。丸紅は1700億円の見込み。丸紅の最高益は14年3月期の2109億円で、ひとり取り残された格好だ。  各社は資源価格の上昇を追い風に増配する。三菱は年間配当を前年の80円から95円に引き上げた。同じく伊藤忠は55円...

注目記事
「丸紅、「総合商社」から脱落の危機…業績悪化に会長・社長対立が影落とす」のページです。デイリーニュースオンラインは、伊藤忠商事三菱商事丸紅社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧