5才児でも喫煙が奨励されるポルトガルの村が超話題! 母親「すぐ煙を吐き出してるから問題ない」、ルーツ不詳の異教の儀式か

トカナ

イメージ画像は、「Thinkstock」より
イメージ画像は、「Thinkstock」より

イエス・キリストの聖誕祭であるクリスマスは12月25日であるが、一部のキリスト教圏では新年を迎えた1月6日に、東方の三博士がイエスを訪問したことを記念する「公現祭(エピファニー)」が祝われる。フランスの有名なお菓子であるガレット・デ・ロワが食べられるのも、この公現祭の日だ。また、スペイン語圏やポルトガル語圏、イタリアでは、公現祭の日に子どもたちにプレゼントを与える習慣もあるが、ポルトガルのある村では...

注目記事
「5才児でも喫煙が奨励されるポルトガルの村が超話題! 母親「すぐ煙を吐き出してるから問題ない」、ルーツ不詳の異教の儀式か」のページです。デイリーニュースオンラインは、異教徒東方の三博士公現祭ポルトガルキリスト教海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧