批判殺到の年末「ガキ使」特番は松本人志の“闘争宣言”だった!?

アサ芸プラス

批判殺到の年末「ガキ使」特番は松本人志の“闘争宣言”だった!?

大みそかに放送された「絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!」(日本テレビ系)の内容が波紋を広げている。 まず、番組序盤、同シリーズ恒例の着替えコーナーで、ダウンタウン・浜田雅功が顔面を黒塗りにして映画「ビバリーヒルズ・コップ」の“エディー・マーフィーの扮装”で登場。番組内では大ウケだったが、視聴者はこの内容が「差別的」だとして敏感に反応。擁護する意見も見られる一方、SNS上では批判が殺到する...

注目記事
「批判殺到の年末「ガキ使」特番は松本人志の“闘争宣言”だった!?」のページです。デイリーニュースオンラインは、ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!浜田雅功松本人志ダウンタウンベッキーエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧