「短期前払費用」の要件の中で税理士もついつい忘れがちな落とし穴とは?

相談LINE

「短期前払費用」の要件の中で税理士もついつい忘れがちな落とし穴とは?

法人税の節税として、真っ先に思いつくものは短期前払費用です。短期前払費用の適用を受けると、支出時から1年分が法人の経費となる訳ですが、短期前払費用については、以下の要件を満たす費用である必要があります。 ■短期前払費用の5要件とは? 下記の要件は非常に有名ですが、税理士でもよく忘れる要件として、上記の5があります 1 一定の契約に基づいて支出するものであること 2 継続的に役務提供を受けるために支出...

注目記事
「「短期前払費用」の要件の中で税理士もついつい忘れがちな落とし穴とは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧