小室哲哉「不貞騒動」でも妻・KEIKOに同情の声が少ない理由

アサジョ

小室哲哉「不貞騒動」でも妻・KEIKOに同情の声が少ない理由

1月18日発売の「週刊文春」が小室哲哉と女性看護師の不貞疑惑を報じた。妻のKEIKOが病気療養中であること、小室がツイッターで彼女への変わらぬ愛と自身の献身ぶりを明らかにしていたこともあって、思わぬ裏切りに厳しい批判の声が上がっている。19日には小室が引退会見。失意のKEIKOには同情の声が集まって‥‥と思いきや、そうでもないようだ。KEIKOに同情できないでいるのは、意外にもかつて彼女のファンだった40代の女性たち...

「小室哲哉「不貞騒動」でも妻・KEIKOに同情の声が少ない理由」のページです。デイリーニュースオンラインは、dosAsamiKEIKO小室哲哉globeエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧