火星でヒューマノイド2体をNASAが激撮! 多数のドア、豚、白い液体…

トカナ

イメージ画像:「Thinkstock」より
イメージ画像:「Thinkstock」より

世界的な著名UFO研究家であるスコット・ウェアリング氏が、またしても火星の地表に知的生命体の痕跡を発見した――。 ■ウェアリング氏「2体の“人影”が並んで立っています」  火星探査車が撮影した地表の写真から、人型の知的生命体の姿が確認されている。しかも、2体以上存在している可能性があるという。 【画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/01/post_15694_entry.html】  スコット・ウェアリング氏のブログ「UFO Sight...

注目記事
「火星でヒューマノイド2体をNASAが激撮! 多数のドア、豚、白い液体…」のページです。デイリーニュースオンラインは、立像彫像スコット・ウェアリング仲田しんじエイリアンカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧