【帰属の判断】親の土地を子が資産運用した場合、申告者は親と子のどちら?

相談LINE

【帰属の判断】親の土地を子が資産運用した場合、申告者は親と子のどちら?

税金の計算上、所得の帰属という問題が生じる場合があります。具体例を申しますと、例えば会社の従業員が、会社の名義を利用して取引先からリベートをもらって私腹を肥やしていた場合、そのリベートは従業員の所得になるか、会社の所得になるかが問題になります。 これだけ聞くと、リベートを貰っているのは従業員なので会社は関係ない、とお考えになるかもしれませんが、取引先は会社のバックボーンがあるからこそその従業員に...

「【帰属の判断】親の土地を子が資産運用した場合、申告者は親と子のどちら?」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧