死から2カ月後、にんまり微笑んだタイ僧侶のミイラ! 完璧な涅槃の証拠、躰から虹を発することも

トカナ

イメージ画像は、「Thinkstock」より
イメージ画像は、「Thinkstock」より

瞑想状態のまま絶命し、ミイラ化した仏教僧は「即身仏」として世界中の仏教圏で崇拝されている。この度、東南アジアの仏教国タイで即身仏になった僧侶が死後に“微笑んだ”という、にわかに信じがたいニュースが飛び込んできた。 ■仏教僧が即身仏化、死後の笑みも  英紙「Daily Mail」(22日付)によると、タイ・ロッブリー県で長年にわたり出家生活を送っていたタイの高僧Luang Phor Pian氏が92歳で入寂(にゅうじゃく)。16年...

「死から2カ月後、にんまり微笑んだタイ僧侶のミイラ! 完璧な涅槃の証拠、躰から虹を発することも」のページです。デイリーニュースオンラインは、涅槃悟りテーラワーダ仏教即身仏ミイラ海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧