適正な税務申告をしているかどうかで3つの法人に分類される「実況区分」とは

相談LINE

適正な税務申告をしているかどうかで3つの法人に分類される「実況区分」とは

税務署のシステム上、法人を実況区分によって管理しています。この実況区分ですが、法人はすべて「第1グループ」「第2グループ」「第3グループ」の3つに区分しています。 国税の資料を見ると、第1グループは、適正な申告を継続している法人をいい、このような法人は悪質な不正計算が想定される場合などを除き、実地調査は行われないとされているようです。一方、第3グループとは、不正計算を行う常習犯や実地調査で不正が...

「適正な税務申告をしているかどうかで3つの法人に分類される「実況区分」とは」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧