4割しか払っていない国民年金「強制徴収」強化でどうなる?

まいじつ

cherezoff / PIXTA(ピクスタ)
cherezoff / PIXTA(ピクスタ)

国民年金は《厚生年金に加入している人を除く、20歳以上のすべての人》に加入する義務がある。しかし、2016年度末時点の加入者数は前年度から93万人減少して1575万人だ。低所得などが理由で保険料を免除・猶予されている人を除くと、実質的な納付率は40.5%にとどまっている。 そんななか、厚生労働省と年金機構は2018年度から未納対策を強化する。強制徴収強化の背景には、納付率を引き上げて年金制度の信頼を維持しようとする...

「4割しか払っていない国民年金「強制徴収」強化でどうなる?」のページです。デイリーニュースオンラインは、年金社会問題カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧