貴乃花一門「まさかの分裂」怒号内幕(4)土俵の上はガチンコ力士が台頭

アサ芸プラス

貴乃花一門「まさかの分裂」怒号内幕(4)土俵の上はガチンコ力士が台頭

はたして、協会相手に対決を挑んだ貴乃花親方の信念は成果なしだったのか。「騒動直後となる初場所は5日目からは白鵬(32)、6日目からは稀勢の里(31)と横綱が相次いで休場した。さらに、モンゴル出身の照ノ富士(26)、阿武咲(21)、栃煌山(30)など、十両以上の休場は再出場者を含め11名。戦後6番目にケガの多い場所となった」(相撲担当記者) 途中休場で2横綱を欠いたとはいえ、それでも見るに値する場所でもあった。...

「貴乃花一門「まさかの分裂」怒号内幕(4)土俵の上はガチンコ力士が台頭」のページです。デイリーニュースオンラインは、週刊アサヒ芸能 2018年 2/15号稀勢の里貴乃花白鵬相撲スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧