奨学金破産が1.5万人突破?無審査の奨学金は”悪魔のささやき”なのか

デイリーニュースオンライン

Photo by ai3310X(写真はイメージです)
Photo by ai3310X(写真はイメージです)

国からの奨学金を返せずに自己破産してしまうケースが急増し、過去5年間で延べ1万5千人にものぼることを12日付けの朝日新聞が伝えて、話題となっている。  奨学金関連の自己破産は「16年度までの5年間」で1万5338人(延べ)で、5年前より13%の増加。無担保・無審査で安易に借りた奨学金が本人の重圧になり、更に破産者の半数弱の7230人が親や親戚など連帯保証人(および保証人)だったことから、親と子に「破産の連鎖」を呼...

注目記事
「奨学金破産が1.5万人突破?無審査の奨学金は”悪魔のささやき”なのか」のページです。デイリーニュースオンラインは、奨学金社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧