映画『ピーター・ラビット』製作者、アレルギー患者の団体に謝罪

ビッグセレブ

ドーナル・グリーソン
ドーナル・グリーソン

映画『ピーター・ラビット』の製作者らは、アレルギー患者の気分を害したとして謝罪する事態になった。日本で5月に公開予定の同作で、ドーナル・グリーソン演じるトム・マグレガーはブラックベリーのアレルギーを持っているキャラクターで、エピペンを使って回復するのだが、ピーター・ラビットたちにブラックベリーを投げつけられるという場面が登場する。 同作を製作したソニー・ピクチャーズは共同声明でこう説明している。...

「映画『ピーター・ラビット』製作者、アレルギー患者の団体に謝罪」のページです。デイリーニュースオンラインは、ピーター・ラビットドーナル・グリーソンイギリス海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧