玉木正之のスポーツ内憂内患「春日野部屋『暴行隠蔽』には呆れ返るほかない」

アサ芸プラス

玉木正之のスポーツ内憂内患「春日野部屋『暴行隠蔽』には呆れ返るほかない」

初場所で初優勝を果たした栃ノ心の活躍は、本当に見事だった。 もともと前褌(まえみつ)の取り方、引き付けての寄り身など、外国人力士にしてはパワー以上に技術に優れ、08年十両に昇進したときから、いずれは三役に定着する力士と注目していたが、幕内昇進後、右膝十字靱帯断裂という大怪我で4場所連続休場。 番付も幕下西55枚目まで落としたが、春日野親方(元関脇栃乃和歌)に励まされ幕下と十両での4場所連続優勝を経て...

注目記事
「玉木正之のスポーツ内憂内患「春日野部屋『暴行隠蔽』には呆れ返るほかない」」のページです。デイリーニュースオンラインは、春日野親方玉木正之日馬富士貴乃花相撲スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧