早咲きの名所 伊豆・河津桜が規制で大ピンチ

週刊実話

早咲きの名所 伊豆・河津桜が規制で大ピンチ

早咲きの代名詞、静岡県河津町の『河津桜』が存続の危機を迎えている。原因は桜の“高齢化”と、それに伴う法律の存在だ。 「河津桜は河津川の河口から上流4キロにわたって堤防上に約800本が植えられています。河津桜といえば両岸の桜のトンネルを愛でる観光客が大多数で、2月に開かれる『河津桜まつり』には毎年100万人近くの観光客が訪れ、経済効果は300億円にも達しています。ただ、土手に植えられている木は“基準違反”状態で...

「早咲きの名所 伊豆・河津桜が規制で大ピンチ」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧