「ドール」との愛欲生活にハマる芸人続々!映画まで作った落語家って誰?

アサ芸プラス

「ドール」との愛欲生活にハマる芸人続々!映画まで作った落語家って誰?

寂しい男性の相手を務めることで知られる等身大の人形。かつては擬似的な交合の相手として使われてきたが、最近は愛の対象としてもじわじわ人気を広げている。そんな愛の伝道師である人形“愛玩用ドール”と恋に落ちた落語家がいた。桂文珍の一番弟子である桂楽珍だ。演芸シーンに詳しいフリージャーナリストに話を聞いた。「現在55歳の楽珍師匠は、地獄の借金生活経験者でもあります。同時に、“ドール”と育んだ愛も常軌を逸して...

「「ドール」との愛欲生活にハマる芸人続々!映画まで作った落語家って誰?」のページです。デイリーニュースオンラインは、桂楽珍坂巻裕哉落語家篠山紀信人形エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧