原油価格上昇、家計支出が年1.7万円増加の可能性

ビジネスジャーナル

「Thinkstock」より
「Thinkstock」より

●はじめに  原油価格が上昇している。ドバイ原油は昨年11月から1バレル=60ドル台で推移しており、経済活動に及ぼす影響が懸念される(資料1)。原油価格が上昇すれば企業の投入コストが上昇し、その一部が産出価格に転嫁されるため、変動費の増分が売上高の増分に対して大きいほど利益に対する悪影響が大きくなる。また、価格上昇が最終製品やサービスまで転嫁されれば、家計にとっても消費者物価の上昇を通じて実質購買力の...

「原油価格上昇、家計支出が年1.7万円増加の可能性」のページです。デイリーニュースオンラインは、消費者物価家計原油価格社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧