死ぬまで現役 下半身のツボ 性癖を解放できる環境づくり

週刊実話

Sか、Mか。アナタはどちらのタイプだろうか。 「ドSでもドMでも構わないんです。ただ、大事なのは自分の性癖を何らかの形で叶えること。EDになりやすい人は、自分の性癖を封印してしまうタイプです」 こう語るのは、SM催眠療法でも知られる、性カウンセラーの青山愛さんだ。 ちなみにSM催眠療法とはその名の通り、催眠術(自己暗示)をかけて、その人の奥底に眠っている性癖を満たすというもの。 「例えば、ドMで女装趣味のあ...

「死ぬまで現役 下半身のツボ 性癖を解放できる環境づくり」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧