「臓器摘出農場」から内臓の“持ち去り”まで…! 本当にあった臓器売買にまつわる恐怖エピソード5選

トカナ

※イメージ画像は、「Thinkstock」より
※イメージ画像は、「Thinkstock」より

私たちが生きていくには臓器の働きが欠かせないことから、移植手術のための臓器のニーズは常に一定数以上存在し、しばしば闇市場で高額取り引きされることもあるようだ。今回は、実際に起きたといわれている臓器売買にまつわる恐怖エピソードを5つ厳選してご紹介しよう。 【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/03/post_16260_entry.html】 ■モザンビーク・リング  2004年、アフリカ南東部モザンビークを訪れたブラ...

「「臓器摘出農場」から内臓の“持ち去り”まで…! 本当にあった臓器売買にまつわる恐怖エピソード5選」のページです。デイリーニュースオンラインは、麻薬カルテル修道女コソボ暴動北原大悟海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧