福利厚生でお馴染みの「資格取得費と学資金」の課税関係を税理士が解説

相談LINE

福利厚生でお馴染みの「資格取得費と学資金」の課税関係を税理士が解説

企業によっては、従業員に対して、税理士や社会保険労務士などの資格を取得するための費用を補助する場合があります。このような費用補助については、お給料を支払ったことと同様として、源泉所得税の課税問題が生じます。 資格取得費に関する課税関係ですが、仕事に直接必要な資格や免許の取得費用のうち、その費用の額が適正なものであれば、給料として課税するのではなく会社の経費として認められるとされています。このため...

注目記事
「福利厚生でお馴染みの「資格取得費と学資金」の課税関係を税理士が解説」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧