「人骨取引」に関する5つの事実が恐すぎる! 骨の油抜き、謎の“友愛組合”、頭蓋骨レンタルまで…!

トカナ

イメージ画像:「Thinkstock」より
イメージ画像:「Thinkstock」より

ヨーロッパ諸国では、19世紀後半から20世紀初頭にかけて人骨の取引が盛んだったという。最も美しい骨は誰のものか、どのようにして骨を白くするかなど、人々は競い合うように楽しんでいた。医学関係者から人骨が提供されることもあれば、それ以外の人物が人骨を市場に流すことも……。今回は、そんな人骨取引に関する驚くべき事実を5つ紹介しよう。 【その他の画像はコチラから→http://tocana.jp/2018/03/post_16010_entry.html...

「「人骨取引」に関する5つの事実が恐すぎる! 骨の油抜き、謎の“友愛組合”、頭蓋骨レンタルまで…!」のページです。デイリーニュースオンラインは、標本解剖取引山下史郎人骨海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧