玉木正之のスポーツ内憂内患「貴乃花親方に目指してほしい“角界改革”」

アサ芸プラス

玉木正之のスポーツ内憂内患「貴乃花親方に目指してほしい“角界改革”」

「言葉」とは、使われすぎると意味がわからなくなってしまうものらしい。 スポーツの世界では「感動」という言葉がそうだ。最近は「感動」だらけで、本当に素晴らしい感動がどんなものか、わからなくなったような気がする。 フィギュアスケートで盛んに使われている「世界観」という言葉も、私にはまったく意味がわからない。 ドイツの大哲学者カントが最初に使ったとされるこの言葉は、「個人にとっての人生に対する感想」...

「玉木正之のスポーツ内憂内患「貴乃花親方に目指してほしい“角界改革”」」のページです。デイリーニュースオンラインは、週刊アサヒ芸能 2018年 4/12号玉木正之貴乃花フィギュアスケート相撲スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧