平成30年度税制改正の中で最も大きな改正となった「収益認識の基準」

相談LINE

平成30年度税制改正の中で最も大きな改正となった「収益認識の基準」

平成30年度改正においては、収益認識に関して大きな改正が実現します。収益認識とは、収益をいつ、そしていくらで認識するかの基準をいいます。この基準については、従来は法律にはなく、通達という国税の内規で決まっていましたが、それを明確に法律に規定することになったのです。 今まで不明確だったものが明確になった、というのであれば、実務の取扱いは大きく変わらないという意見もありますが、ここで重要なのは収益と...

「平成30年度税制改正の中で最も大きな改正となった「収益認識の基準」」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧