郵便事業頭打ちで迷走する日本郵政の不動産会社設立の不安

週刊実話

郵便事業頭打ちで迷走する日本郵政の不動産会社設立の不安

ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険、日本郵便3子会社からなる日本郵政が、4月2日に不動産子会社、「日本郵政不動産」を立ち上げた。同社は日本郵政の完全出資で、資本金は150億円、社員は50人程度というが、早くもこれを不安視する声が上がっている。 日本郵政の不動産事業は、これまで日本郵便が中心となって、東京駅前や名古屋に大型複合ビル『KITTE(キッテ)』を展開したり、遊休地を利用した駐車場『ポスパーク』などを展開して...

注目記事
「郵便事業頭打ちで迷走する日本郵政の不動産会社設立の不安」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧