タバコを通じて見た日本と中国の違い、特に「習慣」は結構違う=中国メディア

サーチナ

タバコを通じて見た日本と中国の違い、特に「習慣」は結構違う=中国メディア

世界保健機関の2015年における統計によれば、中国の15歳以上の男性の喫煙率は47%を超え、日本の33%を上回った。中国は喫煙大国と呼べるほどタバコの消費量が多く、また「敬煙」というタバコを人に勧める習慣があるほど、タバコが身近にある国だと言える。  一方、日本では喫煙がもたらす体への害も広く周知されていて、喫煙者の数は減少傾向にある。それゆえ、日本と中国ではタバコ1つとっても、様々な違いがある...

「タバコを通じて見た日本と中国の違い、特に「習慣」は結構違う=中国メディア」のページです。デイリーニュースオンラインは、海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧