大仁田厚氏、佐賀・神埼市長選で惜敗 現職とわずか1000票差

Jタウンネット

大仁田厚惜敗(画像は神崎市公式ホームページより)
大仁田厚惜敗(画像は神崎市公式ホームページより)

佐賀県神埼市は2018年4月15日に行った市長選挙の開票結果を同日に公開した(当日有権者数2万6153人、投票率65.80%)。無所属現職で自民・公明が推薦した松本茂幸氏(67)が9002票を獲得し、4選を決めた。次点となったのが、元プロレスラーの大仁田厚氏(60、無所属新人)だ。8025票を獲得し、現職と約1000票差の惜敗に、ネット上では大仁田氏に注目が集まった。 大仁田厚惜敗(画像は神崎市公式ホームページより) 過去、...

注目記事
「大仁田厚氏、佐賀・神埼市長選で惜敗 現職とわずか1000票差」のページです。デイリーニュースオンラインは、エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧