『涼宮ハルヒの憂鬱』に駄作はない、“長門壊れた説”は完全に誤読! 『エンドレスエイトの驚愕』 著者インタビュー(哲学者・三浦俊彦東京大学教授)

トカナ

『エンドレスエイトの驚愕: ハルヒ@人間原理を考える』(春秋社)/三浦俊彦教授
『エンドレスエイトの驚愕: ハルヒ@人間原理を考える』(春秋社)/三浦俊彦教授

間違いなく、稀代の奇書だ。今年1月に出版された『エンドレスエイトの驚愕 ――ハルヒ@人間原理を考える』(春秋社)は、「エンドレスエイト」だけで400ページ以上を費やした哲学的論考。著者は東京大学人文社会系研究科の三浦俊彦教授である。 「エンドレスエイト(以下EE)」とは、TVアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の第二期(2009年)で放映され、物議を醸した8話分「エンドレスエイトⅠ~Ⅷ」のこと。第12話~第19話に相当する。...

注目記事
「『涼宮ハルヒの憂鬱』に駄作はない、“長門壊れた説”は完全に誤読! 『エンドレスエイトの驚愕』 著者インタビュー(哲学者・三浦俊彦東京大学教授)」のページです。デイリーニュースオンラインは、芸術学三浦俊彦エンドレスエイト人間原理美学カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧