AKB48の新曲「Teacher Teacher」が“スクールセクハラ正当化“と批判の声! 秋元康の女性蔑視思想が今回も...

LITERA

またしても秋元氏の作詞が…(AKB48公式ホームページより)
またしても秋元氏の作詞が…(AKB48公式ホームページより)

今月7日放送『CDTV祝25周年SP』(TBS)で初披露されたAKB48のニューシングル「Teacher Teacher」。6月に開票イベントが行われる「AKB48 53rdシングル世界選抜総選挙」の投票権が付いたシングルで、九割九分九厘、2018年で最も売れたCDシングルになる楽曲だが、この曲の歌詞が「スクールセクハラを正当化している」として批判の声があがっている。  この曲の主人公は中学か高校に通っている女の子。「大声ダイヤモンド」での大...

注目記事
「AKB48の新曲「Teacher Teacher」が“スクールセクハラ正当化“と批判の声! 秋元康の女性蔑視思想が今回も...」のページです。デイリーニュースオンラインは、Teacher Teacher仁藤夢乃秋元康編集部AKB48エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧