お笑いコンテストに囁かれる“呪い”(2)M-1覇者が相次ぎ“謹慎”憂き目に!

アサ芸プラス

お笑いコンテストに囁かれる“呪い”(2)M-1覇者が相次ぎ“謹慎”憂き目に!

M-1グランプリはいわずと知れた、漫才日本一を決めるイヤーエンドの一流コンテストだ。優勝すると、その先は一生安泰とも言われている。しかし覇者の中には、“謹慎”の黒歴史を抱えた芸人もいる。「意外なことに、そのうちの1人が初代王者の中川家礼二です。事件が起こったのは、優勝したおよそ2年後の2003年2月末。当時、酔うと後輩の頭や肩を挨拶代わりにコツンと小突くクセがあり、それを、仕事で訪れた広島県内で飲んだ時、...

「お笑いコンテストに囁かれる“呪い”(2)M-1覇者が相次ぎ“謹慎”憂き目に!」のページです。デイリーニュースオンラインは、中川礼二中川家M-1グランプリ柴田英嗣アンタッチャブルエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧