面白かった『コンフィデンスマン』が最低の駄作回…視聴率も暴落でやっぱり「月9」か

ビジネスジャーナル

『コンフィデンスマンJP』公式サイトより
『コンフィデンスマンJP』公式サイトより

長澤まさみ主演の連続テレビドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系)の第6話が14日に放送され、平均視聴率は8.2%(関東地区/ビデオリサーチ調べ)だったことがわかった。前回まで3週連続で0.1ポイントずつ視聴率を上積みしたが、今回は一気に1.1ポイントダウンした。  本作は、長澤演じるダー子、東出昌大演じるボクちゃん、小日向文世演じるリチャードの3人が信用詐欺師(コンフィデンスマン)となり、欲望にまみれ...

「面白かった『コンフィデンスマン』が最低の駄作回…視聴率も暴落でやっぱり「月9」か」のページです。デイリーニュースオンラインは、コンフィデンスマンJP長澤まさみ視聴率フジテレビエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧