これが愛媛「刑務所脱走男」23日間の「生き延びルート」だ(2)おじけづくほど速い潮の流れ

アサ芸プラス

これが愛媛「刑務所脱走男」23日間の「生き延びルート」だ(2)おじけづくほど速い潮の流れ

13日以降、窃盗事件はピタリとやむ。 平尾受刑者は向島のとある「空き家」の屋根裏に潜伏し続けていた。のちに、他の空き家も使用していたと供述しているが、メインはここだったようだ。 平尾受刑者は、網戸になっていた1階風呂場の窓から侵入したと見られる。この家は年に数回だけ訪れる県外女性が「別荘」として購入・使用していた「元空き家」で、電気・水道は通っており、保存用の食料としてカップ麺やそうめん、冷蔵庫に...

「これが愛媛「刑務所脱走男」23日間の「生き延びルート」だ(2)おじけづくほど速い潮の流れ」のページです。デイリーニュースオンラインは、松山刑務所大井造船作業場週刊アサヒ芸能 2018年 5/17号平尾龍磨窃盗刑務所社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧