ペットショップで日本スピッツの子犬を購入したところ、しばらくたってキツネであることが判明(中国)

カラパイア

ペットショップで日本スピッツの子犬を購入したところ、しばらくたってキツネであることが判明(中国)
ペットショップで日本スピッツの子犬を購入したところ、しばらくたってキツネであることが判明(中国)

中国、山西省に住むワンさんという女性は、昨年の7月に、ペットショップから子犬を買った。代金は約2万円。日本スピッツの子犬だと説明された。 しかし、この子犬、何だかおかしいのである。 まずドッグフードを食べようとしない。それだけならまあ、好き嫌いとかの理由も考えられるが、この「子犬」の変わっている点はそれだけではなかった。スピッツなのに全然吠えない。毛皮もどんどん厚くなっていく。 ワンさんは悩んだ...

注目記事
「ペットショップで日本スピッツの子犬を購入したところ、しばらくたってキツネであることが判明(中国)」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧