空室割合と空室期間で変化する賃貸アパート評価額。期間とは具体的にどれ位?

相談LINE

空室割合と空室期間で変化する賃貸アパート評価額。期間とは具体的にどれ位?

相続税の計算上、土地を評価する場合、その土地の利用形態が問題になります。土地を他人に貸していれば、その土地の利用が制限されるという点で借地権の控除が認められますし、自分でアパートなどを建てていれば、その入居者のため100%自由に土地を使えませんので、評価減が認められます。後者のように自分で貸家を立てている土地を貸家建付地といいます。 ■貸家建付地の評価をきめる計算式 貸家建付地の評価額は以下の算式...

「空室割合と空室期間で変化する賃貸アパート評価額。期間とは具体的にどれ位?」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧