1m歩行に1分かかったことも…西城秀樹「突然死」までの壮絶「15年闘病」

アサ芸プラス

1m歩行に1分かかったことも…西城秀樹「突然死」までの壮絶「15年闘病」

戦後最大のスーパーアイドルとも称された西城秀樹。数々の大ヒット曲とともに、飾らない人柄もまた、国民的なスターにふさわしいものだった。2度の脳梗塞により、重い後遺症が残りながらもステージに立ち続けた男の実像とは──。 4月25日に自宅で倒れ、救急搬送された時にはすでに心肺停止の状態だった。それから意識を回復させることなく、家族らに見守られて5月16日午後11時53分、急性心不全により63年の早すぎる生涯を閉じる...

「1m歩行に1分かかったことも…西城秀樹「突然死」までの壮絶「15年闘病」」のページです。デイリーニュースオンラインは、YOUNG MAN急性心不全リハビリ西城秀樹脳梗塞エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧