不愉快な相手でも関係(=取引)を継続して、利益を得る方法

ビジネスジャーナル

「Gettyimages」より
「Gettyimages」より

私たちの生活や仕事のなかには、「あきらめが肝心な」場面と、「もっと粘ってみるべき」場面の両方があるものです。  執着しないほうがよい場面とは、たとえば異性に交際を申し入れて断られたようなときです。あきらめずに、あらたな展開を期待したい気持ちがわいても、ここは(つらいのはやまやまですが)さっぱりと終わりにすべきところです。商取引においても、さっと見切りをつけて、ターゲット顧客を切り替えるのが得策...

「不愉快な相手でも関係(=取引)を継続して、利益を得る方法」のページです。デイリーニュースオンラインは、商取引ターゲット顧客ビジネスパーソンマネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧