「ネタとして死」「出演激減」著作権騒動に陥ったブレーク芸人の悲しい“その後”

サイゾーウーマン

「ネタとして死」「出演激減」著作権騒動に陥ったブレーク芸人の悲しい“その後”

いま大人気のピン芸人・ひょっこりはんが、ネタで使用している楽曲「sonorously box」に、著作権侵害疑惑が浮上して物議を醸している。ひょっこりはんの所属する吉本興業が、抗議元へ楽曲の使用停止などを約束したことで、騒動は一応の決着を迎えたようだが、過去にも“著作権”絡みで問題になった芸人は少なくない。 「2007年頃から『ヌーブラヤッホー』のネタでブレークしたモエヤンは、ヌーブラのメーカーサイドからクレームを...

「「ネタとして死」「出演激減」著作権騒動に陥ったブレーク芸人の悲しい“その後”」のページです。デイリーニュースオンラインは、芸能ウラ情報お笑い芸人エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧