日大教職員がおそれる「報復人事」 アメフト部タックル事件が明らかにした日大の構造的問題

wezzy

Thinstock/Photo by Thomas Northcut
Thinstock/Photo by Thomas Northcut

日本大学フットボール部「フェニックス」が試合中の悪質な反則行為によって、対戦相手である関西学院大学の選手に怪我をさせてしまった問題に関連して、6月11日に日本大学教職員組合が記者会見を開いた。日大教職員組合が教職員に募っていた田中英壽理事長に対する要求書に賛同する署名の中間報告が行われ、752人の署名が集まったという。 日大アメフト部の事件は、時間の経過とともに、内田正人前監督や井上奨前コーチから反...

「日大教職員がおそれる「報復人事」 アメフト部タックル事件が明らかにした日大の構造的問題」のページです。デイリーニュースオンラインは、事件社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧