『万引き家族』監督、「助成金もらって祝意辞退は失礼」「政府に気遣え、は違う」と議論呼ぶ

ビジネスジャーナル

『万引き家族』がカンヌ映画祭で最高賞を受賞した是枝裕和監督(写真:新華社/アフロ)
『万引き家族』がカンヌ映画祭で最高賞を受賞した是枝裕和監督(写真:新華社/アフロ)

第71回カンヌ国際映画祭で、日本映画としては21年ぶりに最高賞であるパルムドールを受賞した『万引き家族』(ギャガ)。監督を務めた是枝裕和氏が政府からの祝意を辞退した一方で、文化庁からの助成金を受け取っていたことが波紋を呼んでいる。 『万引き家族』は6月8日から日本での公開が始まり、すでに興行収入5億7800万円を記録。この数字は今年の実写邦画のなかではトップの成績で、まさにロケットスタートとなった。  ま...

「『万引き家族』監督、「助成金もらって祝意辞退は失礼」「政府に気遣え、は違う」と議論呼ぶ」のページです。デイリーニュースオンラインは、万引き家族助成金是枝裕和映画社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧